東奥日報プラス
2021年8月3日
幸先良く始まった弘果の初競り=3日午前8時50分ごろ、弘前市
花祝が高値2万1600円をつけた津軽りんご市場の初競り=3日午前9時ごろ、板柳町
ドローン農薬散布チーム「ママミーアキャット東北」の石岡さん(手前右)と花田さん(同左)。奥の2人は応援に駆け付けた(右から)川田さんと中井さん » この写真の記事へ
つがる市の農場で行われたドローンを使った農薬散布のデモンストレーション » この写真の記事へ
ソバ畑の白い花と黄金色の田んぼが青い海に映えて見える=19日午前、蓬田村郷沢 » この写真の記事へ
青森市産のカシスと、液状のカシスピューレ。ビールの醸造過程でピューレを加えるという » この写真の記事へ
ビールを製造するタンクの中に麦芽を入れるギャレスさん。カシスビールは10月中旬ごろ完成する予定 » この写真の記事へ
米価下落に対するつがる市の農家支援策を説明する倉光市長(右) » この写真の記事へ
収穫作業が始まった洋ナシ「ゼネラル・レクラーク」 » この写真の記事へ
収穫期を迎えている「赤~いりんご」 » この写真の記事へ
スマートフォン版へ