東奥日報プラス
2021年8月3日
「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録を祝い、応援隊の仲間と記念写真に納まる中村さん(前列左端)=7月28日、青森市の三内丸山遺跡センター » 記事に戻る
出土品の整理作業を見学する(奥左から)達増知事、鈴木知事、佐竹知事。右端は三村知事=青森市の縄文時遊館 » この写真の記事へ
作品展示台となる組み木の技術を用いた部材と大山さん(左)、中里さん=五戸町の大山建工 » この写真の記事へ
巡回展で使用するため、何度か組み直すことを考慮し工夫を凝らした「くさび」 » この写真の記事へ
稲葉課長(左)から指定書を受け取る成田所長。奥に前川國男のパネルが見える » この写真の記事へ
ドイツで開かれた馬術の国際大会で流鏑馬を披露する上村代表(日本馬術連盟提供) » この写真の記事へ
今館長(左)に翻訳本を寄贈するオユンビリグさん=五所川原市金木町の太宰治記念館「斜陽館」 » この写真の記事へ
伊藤さんの自宅兼アトリエ敷地に植えられたリンゴの木を背にジュースを手にする明子さん=五所川原市梅田 » この写真の記事へ
「アート・ユーザー・カンファレンス」による作品「ジェネラル・ミュージアム-墓」=五所川原市の「colere-ON」野外 » この写真の記事へ
スマートフォン版へ