東奥日報プラス
2021年7月28日
日本遺産3港PRイラストを前に、記念撮影する3町の担当者と野辺地中美術部員、豊川さん(右から2人目)
(左から)深浦、鯵ケ沢、野辺地各港のオリジナルデザインのミニ絵馬。全3町を巡った人には、最後にスタンプを押印した町のデザインが入ったミニ絵馬をプレゼントする
野焼き用の窯(中央奥)で焼き上げた縄文土器などの作品=20日、五所川原市の津軽金山焼 » この写真の記事へ
講師の石田さん(中)の指導を受けながら、そば打ちを体験する受講生 » この写真の記事へ
田舎館村の総合案内所「遊稲の館」敷地内で見ごろを迎えているコスモス » この写真の記事へ
18日にオープンしたドーム型のカフェ「茶比伊」 » この写真の記事へ
茶比伊の2階部分に立つ佐藤さん » この写真の記事へ
自由通路が設けられた弘南鉄道中央弘前駅。駅舎(中央奥)からホームの一部を通り、階段で緑地に接続されている=15日 » この写真の記事へ
戦後の県内でたくましく生きる人々の自然な姿に見入る来場者 » この写真の記事へ
初日から大勢の客でにぎわった北海道物産展 » この写真の記事へ
スマートフォン版へ