東奥日報プラス
2021年7月28日
高田ねぶた実行委員会制作のねぶた(中央奥)とともに、写真に納まる青森市の関係者たち=27日午後7時43分、同市の「縄文の学び舎・小牧野館」
いのっちねぷたを手に登録を喜ぶ弘前縄文の会の会員=27日午後6時51分、弘前市役所
万歳三唱する是川地区の住民やボランティアら=27日午後6時58分、八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館
万歳して喜ぶボランティアガイドのメンバー=27日午後7時50分、つがる市生涯学習交流センター「松の館」
モニターの前で拍手をして喜ぶ山崎町長(右手前)ら外ケ浜町の関係者=27日午後6時51分、外ケ浜町役場
登録が決まり、拍手で祝うボランティアガイドや地元住民ら=27日午後6時52分、七戸町の二ツ森貝塚館
行楽客を魅了している城ケ倉大橋付近の鮮やかな紅葉=24日午後、青森市 » この写真の記事へ
夜の糠部神社で開かれ、多くの来場者でにぎわったライブ » この写真の記事へ
シンポジウムでねぶた教育などについて発表する津川さん » この写真の記事へ
日本最古の現役消防ポンプ車をスマホで撮る参加者たち » この写真の記事へ
三沢空港の関係者や見学会参加者に見送られながら羽田空港に向け出発する機体 » この写真の記事へ
記念品を手渡して乗客を歓迎する三沢空港振興会などの関係者 » この写真の記事へ
スマホでの写真撮影のコツを学び、下北文化会館の外に出て実践する参加者=23日午後、むつ市 » この写真の記事へ
明治40年8月10日、加藤拓川が陸羯南に宛てて送った書簡 » この写真の記事へ
スマートフォン版へ