東奥日報プラス
2021年7月28日
高田ねぶた実行委員会制作のねぶた(中央奥)とともに、写真に納まる青森市の関係者たち=27日午後7時43分、同市の「縄文の学び舎・小牧野館」
いのっちねぷたを手に登録を喜ぶ弘前縄文の会の会員=27日午後6時51分、弘前市役所
万歳三唱する是川地区の住民やボランティアら=27日午後6時58分、八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館
万歳して喜ぶボランティアガイドのメンバー=27日午後7時50分、つがる市生涯学習交流センター「松の館」
モニターの前で拍手をして喜ぶ山崎町長(右手前)ら外ケ浜町の関係者=27日午後6時51分、外ケ浜町役場
登録が決まり、拍手で祝うボランティアガイドや地元住民ら=27日午後6時52分、七戸町の二ツ森貝塚館
トークライブで「見立て」作品の魅力について語る田中さん=16日、青森市の東奥日報新町ビル » この写真の記事へ
スルメを掲げて下北地域の観光再開を祝う関係者たち=16日、風間浦村の「下風呂温泉 海峡の湯」 » この写真の記事へ
ソメイヨシノが満開の弘前公園。コロナの影響で弘前さくらまつりの人出は例年の1割以下だった=4月20日、弘前公園 » この写真の記事へ
黒石市のこみせ通りに飾られているねぷた絵 » この写真の記事へ
リンゴや津軽弁をデザインした限定販売のシール » この写真の記事へ
オリジナル模様の金魚ねぷたも販売している » この写真の記事へ
「ムー」編集部が制作し、青森県のミステリースポットを紹介するパネル » この写真の記事へ
スマートフォン版へ