東奥日報プラス
2021年2月5日
再開発の構想が持ち上がっている弘前市土手町の一角
えびすやの旧店舗=3日、十和田湖畔休屋 » この写真の記事へ
ワン・グローカルが販売するジュースやネクター。希少品種の県産リンゴや桃を使っている » この写真の記事へ
発売したジュースなどを手にする鎌田社長(右から3人目)、柏木副知事(同4人目)ら » この写真の記事へ
百石町漁協所属の漁船上でホッキガイを選別する乗組員たち=3日午前7時半ごろ » この写真の記事へ
チャンピオン賞を獲得し金子理事長(左)から表彰される枋木さん=3日、十和田食肉センター » この写真の記事へ
チャンピオン賞に輝いた枋木さんの枝肉(県配合飼料価格安定基金協会提供) » この写真の記事へ
Go To BarBerキャンペーンのポスターとスクラッチカード(手前) » この写真の記事へ
切り口が笑顔のように見える「笑い竹」。飾り付けを整え、ほぼ完成=2日午前、つがる市木造菰槌 » この写真の記事へ
スマートフォン版へ