東奥日報プラス
2020年7月7日
常設販売している市浦牛をPRする八木澤社長
道の駅に面した牧草地に放牧されている市浦牛
研修会を前に、練習キットで袋掛けの手順を確認する利用者=チョコわっとく » この写真の記事へ
青森県オリジナル品種のジュノハートが実る園地で、一粒でも多く収穫できるよう祈願する関係者 » この写真の記事へ
採れたてのホワイトアスパラガスを手に笑顔をみせる無井さん » この写真の記事へ
ホワイトアスパラガスの収穫を体験する山彦幼稚園の園児=2日 » この写真の記事へ
ミニトマトの収穫を体験する葛西さん(左)と高橋料理長 » この写真の記事へ
認証ステッカーを手にする佐々木市長(右)と岩谷店長 » この写真の記事へ
青系196号の名称応募を呼び掛けるミス・クリーンライスあおもり(左)と青森米本部の担当者 » この写真の記事へ
本年産リンゴの結実量を調査する県りんご協会職員=藤崎町白子地区 » この写真の記事へ
スマートフォン版へ