なびたび北東北
2019年12月31日
陸奥湾産ホタテなどを使った釜飯の弁当を紹介する酸ケ湯温泉の従業員 » 記事に戻る
五所川原市から持ち帰りの料理を取りに来た成田さんに注文の品を手渡す猪股さん(左) » この写真の記事へ
黒石市のすし米「ムツニシキ」を使った純米原酒が完成し、「いい出来に仕上がった」と話す鳴海社長 » この写真の記事へ
ロゴマークが入ったのぼり旗やポスターでサガリ肉をPRする会員らと長尾市長(左から3人目) » この写真の記事へ
平川サガリ研究会のロゴマークデザイン(同研究会提供) » この写真の記事へ
「#弘前エール飯」について説明する秋元さん(右)と久保さん » この写真の記事へ
「かぶーにゃ」のシンボルマーク(左)とロゴ » この写真の記事へ
試食会で提供したクマ肉カレー、クマ鍋、そばの実リゾットなど » この写真の記事へ
西目屋村が商品化を目指し開発中のクマ肉料理などを試食する出席者ら » この写真の記事へ
スマートフォン版へ