なびたび北東北
2019年12月6日
「11ぴきのねこ」の一コマ。原作に忠実に、楽しい絵本が生き生きと再現されている
菊池部会長が初めて手掛けた「しろくまちゃんのほっとけーき」。質感の表現には苦労したという
うららマルシェに展示された「さわる絵本」を熱心に見る来場者
難関国立大学に合格した三本木高校の3年生ら » この写真の記事へ
子ども弁当支援を今後も続けていきたいと話す「大盛りバカの店もりもり弁当」の店主佐藤さん » この写真の記事へ
佐藤さんが2月末から始めた「子ども弁当支援」の唐揚げ弁当 » この写真の記事へ
チラシを手に子ども弁当を紹介するT’skitchenの大平店長 » この写真の記事へ
県立学校の再開方針を確認した危機対策本部=26日午前9時40分ごろ、県庁 » この写真の記事へ
自作の津軽凧を寄贈した杉山さん(凧の右側上)と車力こども園の園児たち » この写真の記事へ
専攻科14回生を意味する「14」を両手で示し、看護師国家試験全員合格を喜ぶ生徒と教職員(千葉学園高校提供) » この写真の記事へ
職員朝会で再び休校になったことについて説明する高橋校長(左奥)=24日午前、青森南中学校 » この写真の記事へ
スマートフォン版へ