なびたび北東北
2019年11月15日
県が名前を募集している「新サーモン(仮称)」。2キロ以上のものが新サーモンとして出荷される(県提供)
新サーモンの切り身。専用の餌を与えているため、さっぱりとした風味が特徴だ(県提供)
つぼみが膨らみ、出荷作業が進んでいる啓翁桜 » この写真の記事へ
台湾の市場を訪れる名久井農業高校の生徒たち(南部町商工会提供) » この写真の記事へ
工藤町長(左端)に視察内容を報告する生徒 » この写真の記事へ
「ながいもの達人」認定証書を贈られる相川さん(中)と岡山さん(右) » この写真の記事へ
ナラ枯れの被害状況や発生を防ぐ注意点について耳を傾ける参加者ら » この写真の記事へ
三村知事(左)から表彰状を受け取る受賞者 » この写真の記事へ
県水産賞を贈られた(左から)高坂氏、山本氏、平内町漁協の須藤十一郎副組合長 » この写真の記事へ
スマートフォン版へ