岩木山LIVE中継中
2019年9月17日
創業40年の「可否屋 葡瑠満」。店主の宮本さんは「お客が雰囲気も楽しめる店にしたい」と話す=弘前市下白銀町
46年喫茶店を営む「方舟」の店主竹岸さん。「たまに若い人も『古い店が落ち着く』と言って来てくれる」とほほえむ=八戸市鳥屋部町
天井が高く、開放感のある「星乃珈琲店 八戸城下店」。4月の県内初出店から人気が続いている=八戸市沼館
「十和田新道」の深い堀道を下る調査チームのメンバー=4月25日、十和田市の月日山 » この写真の記事へ
御神燈(台座と頂部)が残る遙拝所。樹間から十和田湖(上)が望まれる=5月24日、奥入瀬渓流・銚子大滝近く » この写真の記事へ
復活に向けて試行錯誤が続く「光信公の館」のぼたん園。生育不良の原因に野生サルの可能性も出てきた=5月29日 » この写真の記事へ
色とりどりの花が咲き競っていた「光信公の館」のぼたん園=2012年 » この写真の記事へ
井沼清七が五輪レース前夜、恩師に宛ててしたためた直筆の手紙。決戦を翌日に控え、決意と興奮が伝わってくる » この写真の記事へ
1928年、五輪会場で織田幹雄(左から3人目)や人見絹枝(右)と共に練習する井沼清七(左から2人目)=中泊町博物館提供 » この写真の記事へ
井沼 清七 » この写真の記事へ
スマートフォン版へ