なびたび北東北
2019年8月18日
潮来市が整備した津軽河岸あと広場の「津軽屋敷」。正面は「潮来の花嫁」嫁入りの出発点になっている
石造りの屋敷内部は、太い木製のはりと鉄骨で補強。照明や内装がしゃれた雰囲気
米国メーン州の版画家が出展した作品を見入る来場者=青森 » この写真の記事へ
約40点が展示され、来場者が見入った生け花展=黒石 » この写真の記事へ
長男とともに「ヨーガ教室」を企画した古川さん(奥右)=13日、弘前市の泉野多目的コミュニティ施設 » この写真の記事へ
区民らとともに夜の下町を練り歩く大型ねぷた=19日午後5時すぎ、東京都墨田区 » この写真の記事へ
朝もやの中、夜間放牧していた馬たちを厩舎に引き入れる場長の諏訪豊蔵さん(手前)ら » この写真の記事へ
馬房の清掃で、寝藁に埋もれた馬ふんを取り除く記者。慣れない作業で、腕の筋肉と腰は限界に…(諏訪牧場のスタッフが撮影) » この写真の記事へ
開館記念展の展示作品について説明する美術作家ら。左端が潘さん » この写真の記事へ
煉瓦倉庫2階の改修状況を報道関係者に説明する田根さん。写真奥が学芸員らのワークスペースになる » この写真の記事へ
スマートフォン版へ