なびたび北東北
2019年7月21日
ビニール袋の中で舞い上がった小麦粉が瞬間的に燃え上がる粉じん爆発の実験を見学する参加者ら=三沢航空科学館 » 記事に戻る
河田社長(右)から東奥賞を贈られる受賞者。手前から津軽鉄道の澤田長二郎社長、八戸市立市民病院の今明秀院長、大青工業の鳴瀬正彦社長、沖澤のどかさんの代理で恩師の下山敦史さん。スクリーンの映像は沖澤さん=7日午前、青森市のホテル青森 » この写真の記事へ
初公開の一つで、宇鉄遺跡で出土した大型かめ。「このような薄くて大型のものを作る当時の技術力に驚かされる」と話す杉野森主任 » この写真の記事へ
【八戸ブルースターズ-吉田産業】第2ピリオド10分11秒、吉田産業のFW坂本(右)がパックを押し込み4-1とリードを広げる=5日、テクノルアイスパーク八戸 » この写真の記事へ
2020年の事業計画を決めた東奥日報文化財団の理事会 » この写真の記事へ
優勝したアオモリボウルNの(左から)中村、石岡、田窪ら上位入賞者たち » この写真の記事へ
思い思いにプロジェクションマッピング作りに取り組む児童 » この写真の記事へ
「かがやくとうほく」をテーマに東北の未来像を考えたフォーラム=1日、盛岡市 » この写真の記事へ
誓いの言葉を述べる葛西智海さん » この写真の記事へ
スマートフォン版へ