なびたび北東北
2019年5月23日
民間会社が7月以降に鯨体処理場として使用する施設。現在は調査捕鯨による鯨類科学調査が行われている=22日、八戸市白銀町 » 記事に戻る
ホタテの稚貝の成育を調べる県の職員ら » この写真の記事へ
山本さん(右)にサクランボの栽培方法について質問する權組合長(左)ら視察団 » この写真の記事へ
見ごろを迎えたシクラメンの鉢植えを手入れする高校生たち=21日午後、名久井農業高校 » この写真の記事へ
シャインマスカットの収穫準備をする嶋中さん » この写真の記事へ
三村知事(右)に受賞を報告する大見社長(中)と成田理事長 » この写真の記事へ
来年1月の第3回和牛甲子園に県勢として初出場する三農高の沢目さん(左)と新屋敷さん » この写真の記事へ
弘果弘前中央青果で競り場を取材する香港メディアの関係者 » この写真の記事へ
みちのく銀行が三農高で行った特別講義。ドローンとAIを組み合わせた先端的な取り組みなどが紹介された » この写真の記事へ
スマートフォン版へ