なびたび北東北
2019年5月20日
中泊町の邸宅「宮越邸」には、国内ステンドグラス作家の草分け的存在・小川三知(さんち)の最高傑作と評価される作品3点が残されている。20日、報道陣に公開された。写真は十三湖を連想させる「十三潟風景」
右手にコブシ、左下にアジサイを配した「涼み屋敷」の窓を飾るステンドグラスの大型作品。右端は研究家の田辺さん
アヤメ(右下)とカワヤナギ、枝に止まるカワセミを描いた浴室のステンドグラス=20日、中泊町の宮越邸
津軽鉄道のストーブ列車の車内でハイボールを注ぐ間口さん(左) » この写真の記事へ
こけス世界大会で熱戦を繰り広げる選手たち » この写真の記事へ
美しい花が並ぶシクラメン市=田舎館 » この写真の記事へ
ずらりと並んだリンゴを買い求める来場者 » この写真の記事へ
サケを捕まえ、歓声を上げる参加者たち » この写真の記事へ
弘前公園でソメイヨシノの剪定を体験する、ふるさと納税の桜オーナー=3日(弘前市広聴広報課提供) » この写真の記事へ
寄付者に贈られる予定の川村さんの鏡絵 » この写真の記事へ
小川原湖産大和しじみ
» この写真の記事へ
スマートフォン版へ