なびたび北東北
2019年4月30日
さんじゃらっと(ちょっと)、うるがす(水に漬けておく)、どひゃば?(どうしてますか)、びろ(よだれ)など、話題の津軽弁缶バッジ(1個300円)
店主の田村さんが作った津軽弁缶バッジを陳列する出店。アスパム以外では弘前さくらまつりでの限定販売だ=4月下旬、弘前公園
記者会見で来年4月からの「奥入瀬渓流温泉」への名称変更を発表した関係者。左から4人目が堀向組合長=22日午前、十和田市の奥入瀬渓流館 » この写真の記事へ
5月20日午後6時8分ごろに弘前公園本丸展望デッキから撮影したダイヤモンド岩木山と天守(對馬さん提供) » この写真の記事へ
十和田湖1周を目指し、元気良くスタートを切る参加者たち=21日午前6時、休屋 » この写真の記事へ
パウンドケーキを販売する初出店の青森中央短大の学生 » この写真の記事へ
「折りたたみ式大型扇ねぷた」に鏡絵を張る会員ら » この写真の記事へ
少しずつ咲き始めている猿賀公園のハスの花 » この写真の記事へ
笑顔でスタートし、小川原湖畔のコースで健脚を競う参加者 » この写真の記事へ
食べ頃を迎えたモモの実をもぎ取る子どもたち » この写真の記事へ
スマートフォン版へ