なびたび北東北
2019年4月24日
全国星空継続観察で日本一になった深浦町の澄んだ星空。天気に恵まれればナイトツアーでも満天の星が楽しめる(ウェスパ椿山提供、2018年8月19日撮影)
星空ナイトツアーを案内するガイドたち。夜に乗る展望モノレールは日中とは違ったわくわく感を味わえる
書き割りを終えた人形ねぷたを見つめる黒志天命會の会員ら=7月上旬、黒石市内 » この写真の記事へ
棟方志功の作品にちなんで「御鷹々々サロン」と名付けられたスペースには、志功の顔をモチーフにしたストーブを設置。柵にはこぎんの柄をあしらった » この写真の記事へ
青森県伝統工芸の技術が発揮された、エヴァンゲリオン展コラボグッズの一部 » この写真の記事へ
緑豊かな湖畔・休屋。午前6時の号砲を合図に黄色いゲートから1周コースがスタートした » この写真の記事へ
霧の晴れ間にのぞいた日差しを浴びて進むウオーク参加者。クマよけの鈴が涼しげに響く » この写真の記事へ
ファミリーコースは休屋から遊覧船に乗って湖の景色を楽しみ、子ノ口から休屋への12キロウオークに挑む » この写真の記事へ
瞰湖台から見えた雄大な眺めを撮影する参加者 » この写真の記事へ
十和田バラ焼きゼミナールの畑中宏之舌校長(ぜっこうちょう・左から2人目)が地元の名物料理でおもてなし » この写真の記事へ
スマートフォン版へ