岩木山LIVE中継中
2019年4月24日
富士号の遺髪(右手前)。津軽義孝氏宛ての英文の手紙(左)と共にプラスチックケース(右奥)の中に保管されていた
1955年ごろに馬事公苑で撮影されたとみられる富士号(アバロン・ヒルサイドファーム提供)
弘前市内のトップを切って行われた「山観の宵宮」で射的を楽しむ子どもたち » この写真の記事へ
泉彩菜さん(左手前)の踊りを手本に八戸小唄流し踊りの練習をする学生たち » この写真の記事へ
ガーリックセンターでライブを行ったmeguさん » この写真の記事へ
「流れる五戸川」シリーズ最後となった一冊を手にする三浦さん。手前は既刊分の一部 » この写真の記事へ
残雪の八甲田でスケッチする東京芸術大学の日本画専攻生ら » この写真の記事へ
酸ケ湯温泉で開かれているスケッチ展覧会 » この写真の記事へ
中泊町の邸宅「宮越邸」には、国内ステンドグラス作家の草分け的存在・小川三知(さんち)の最高傑作と評価される作品3点が残されている。20日、報道陣に公開された。写真は十三湖を連想させる「十三潟風景」 » この写真の記事へ
右手にコブシ、左下にアジサイを配した「涼み屋敷」の窓を飾るステンドグラスの大型作品。右端は研究家の田辺さん » この写真の記事へ
スマートフォン版へ