なびたび北東北
2018年12月20日
完成した103メートルの登り窯を囲む、今井理桂さん(中央手前)や工事に関わったスタッフ、ボランティアら=20日正午すぎ、黒石市豊岡
103メートルの登り窯の最上部付近にある、最後の焼成窯にレンガを積む今井さん(左)と次男の保典さん=20日午前10時50分ごろ
好天の下、大勢が繰り出し好みの味に舌鼓を打ったグルメストリート » この写真の記事へ
約40種類のイチゴスイーツが楽しめる「いちごいち」。かき氷など目当ての商品を求めて行列ができた » この写真の記事へ
YSアリーナの内部。照明でリンク部分が輝いている » この写真の記事へ
YSアリーナの外観。白を基調とした巨大ドームが存在感を示している(国土交通省など関係機関の許可を得て小型無人機で撮影) » この写真の記事へ
観客席は約3千人分用意され、間近で観戦できる » この写真の記事へ
木目調の天井が特徴的なホワイエ » この写真の記事へ
リンク内側の芝生地ではフットサルやグラウンドゴルフが楽しめる » この写真の記事へ
万が一に備えリンクそばに設置されている消防装置「大規模放水銃」 » この写真の記事へ
スマートフォン版へ