なびたび北東北
2018年12月20日
完成した103メートルの登り窯を囲む、今井理桂さん(中央手前)や工事に関わったスタッフ、ボランティアら=20日正午すぎ、黒石市豊岡
103メートルの登り窯の最上部付近にある、最後の焼成窯にレンガを積む今井さん(左)と次男の保典さん=20日午前10時50分ごろ
たわたに実ったジュノハートの前で、多くの粒の収穫を願う玉川さん=25日午後、南部町の蹴揚福男さん園地 » この写真の記事へ
さくらんぼ狩りセレモニーの会場入り口前に並んだジュノハート=25日午後、南部町の楽楽ホール » この写真の記事へ
「令和」の文字がかたどられた花時計 » この写真の記事へ
夏仕様に衣替えされた花時計を整える職員 » この写真の記事へ
「好きだDear!八戸せんべい汁」を踊る青潮小の児童たち » この写真の記事へ
磯場でウニを採る村職員 » この写真の記事へ
建て替えが終わり、約2年ぶりに営業を再開した大湯会館 » この写真の記事へ
出張スーパーで買い物をする袰月地区の住民。店員と会話が弾み、「店内」はにぎやかだ=16日 » この写真の記事へ
スマートフォン版へ