東奥日報プラス
2022年6月20日
太宰の魅力やこれからの桜桃忌の在り方などを語り合うメンバー » 記事に戻る
疾走する馬から的を狙う騎手=八戸市の櫛引八幡宮 » この写真の記事へ
ワ・ラッセに搬入される、ねぶた大賞を受賞した竹浪比呂央さん制作の「龍王」(右側)など4台 » この写真の記事へ
自分たちでデザインしたポスターを手に、作品応募を呼びかける実行委の一戸副委員長(右)と太田紗愛(さら)委員長 » この写真の記事へ
ユニクロが売り出す津軽塗デザインのTシャツ。中央のTシャツの上にあるのは「KABA」のアクセサリー » この写真の記事へ
神輿を載せた台車と、修繕に携わったメンバーら » この写真の記事へ
最終日の運行に出陣し、本町通りを進む大型立佞武多「稽古照今・神武天皇、金の鵄を得る」(手前)と「暫」=8日午後7時16分、五所川原市本町 » この写真の記事へ
夏休み少年少女将棋大会で熱戦を繰り広げる子どもたち » この写真の記事へ
石画で大正時代のねぷたを再現した一龍さんと作品 » この写真の記事へ
スマートフォン版へ