東奥日報プラス
2022年5月21日
デザイン画を選考する審査員たち=20日午後、弘前市の弘前商工会議所 » 記事に戻る
笑顔で相づちを打つなどコミュニケーションをスムーズにするコツを実践した明の星短大の学生たち » この写真の記事へ
災害・被ばく医療教育センターについて説明する(左から)柏倉機構長、伊藤センター長、辻口貴清助教 » この写真の記事へ
日本語能力試験に向け、馬場理事長(右)の指導の下、手作りの教材を使って熟語や慣用句を勉強する受講生 » この写真の記事へ
石川牧師の記念説教を聴く生徒たち » この写真の記事へ
朝刊を開き、むつ市に関する記事を探すむつ中の生徒たち » この写真の記事へ
キクイモ料理の試食会で味や見た目の反応をうかがう生徒たち » この写真の記事へ
3校の代表者が、それぞれ取り組み状況を発表した投票率向上プロジェクト » この写真の記事へ
協力して砂の像を制作する学生たち » この写真の記事へ
スマートフォン版へ