JFL入りを目指し闘志を見せる内藤監督(後列左端)とブランデュー弘前の選手たち。後列右端は桜田市長

 サッカーの東北社会人リーグ1部で初優勝したブランデュー弘前FCの内藤就行監督や選手らが12日、青森県弘前市の桜田宏市長を訪ねた。優勝を報告するとともに、11月の全国地域チャンピオンズリーグを勝ち抜いてのJFL昇格へ意気込みを見せた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から