IoT開発支援棟で、物体を3次元データ化する3Dスキャナーの説明をする職員
工業総合研究所の敷地内に完成したIoT開発支援棟

 地方独立行政法人県産業技術センターは12日、青森市野木の工業総合研究所敷地内に完成したIoT(モノのインターネット)開発支援棟のオープニング式典を同所で開いた。IoTを活用した機器の設計や試作、人工知能(AI)やロボットなど先端技術に関する研究開発や人材育成を行い、県内企業のIoT技術導入や新産業創出を支援する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)