国会内で総会を開いた超党派議員連盟のメンバーら=12日午後

 憲法改正の是非を問う国民投票のテレビCMに公平なルール導入を目指す超党派議員連盟は12日、国会内で総会を開いた。議連会長の船田元・自民党衆院議員は、民放連に自主ルールの策定を促す考えを表明。民放連側はCMを量の面で規制するのは難しいとの認識を示した。

 総会で船田氏は「公平なルールを確立し、健全な国民の意見が醸成されることが非常に重要だ」と指摘した。

 民放連の永原伸専務理事は国民投票に関する番組やCMを巡る基本的な考え方を組織として整理する方針を表明。ただ、規制については「政治的表現の自由の制約にならないかとの懸念がある」と述べた。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む