シラウオ漁で使う網を手にする佐々木さん。「油が付着すれば、もうアウト」と嘆く=13日午後、三沢市鹿中

 青森県八戸沖での座礁船船尾部分の撤去作業を巡り、現場の北側でシラウオの盛漁期を迎えているおいらせ町、三沢市の漁協は13日、油の流出を警戒して引き続き休漁を決めた。現場海域のしけの影響で作業日程にさらに遅れが生じ、休漁期間が延びる可能性も浮上している。漁業者から憤りや、船主側に適切な対応と補償を求める声が上がっている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から