弘前さくらまつりでの3年ぶりの営業に向け、店先におなじみの看板を取り付ける黒沼さん(右下)ら

 21日から「準まつり体制」に入る弘前さくらまつりに、青森県弘前市の老舗「三忠食堂」が3年ぶりに店を出す。「先代から受け継いだ変わらない味を提供したい」。4代目店主の黒沼三千男さん(73)は、新型コロナウイルス禍に負けじと意気込んでいる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。