青森県横浜町の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザで、県は13日、半径3キロ圏内にある3農場の鶏から採取した検体のウイルス分離検査結果は、全て陰性だったと発表した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から