県「攻めの農林水産業」推進本部は13日、臨時農業生産情報を発表した。14日朝の青森県内は冷え込み、霜が降りる恐れがあるとして、保温資材や暖房器具、防霜ファンを活用し、作物の被害防止に努めるよう呼びかけた。今後数日程度、降霜には注意が必要。

 野菜・花卉(かき)では、霜害を受けた場合、早急に葉面散布剤などをまき、回復に努める。