青森県自然保護課は11日、横浜町の養鶏場での高病原性鳥インフルエンザ発生を受け現地周辺で行った緊急調査の結果、野鳥の大量死などの異常は確認されなかったと発表した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から