安全祈願祭でくわ入れをする(右から)久保支社長と紺野社長
複合ビルの建設地で行われた安全祈願祭

 青森市の青森駅東口の旧駅舎跡地に新築される複合ビルについて、事業主体のJR東日本は11日、5月に始まる建設工事の安全祈願祭を現地で行った。市や県、青森商工会議所などの関係者約20人が出席し、工期中の無事故を祈った。2024年度に完成予定。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から