年縄部会メンバー(右)から縄ないを教わる生徒たち

 青森県藤崎町の明徳中学校(今智人校長)の全校生徒約150人は11日、同校体育館で稲わらを使った縄ない体験を行い、地域住民の手ほどきを受けながら郷土に伝わる伝統的な手作業について理解を深めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)