東奥日報社が13、14の両日、青森市の県観光物産館アスパムで開く「うまい森 青いもりフェア」には、津軽・県南両地域の9町村を中心に新鮮な産直品や加工品の販売ブースを用意。これまでのフェアで連日行列ができるほど人気だった青森県西海岸のグルメも登場する。

 「道の駅ふかうら かそせいか焼き村」(深浦町)のベニザケの飯ずしは、地元女性たち手作りの郷土料理。酸味と甘みの効いた味わいが、ご飯にもお酒にも合い、最近の健康ブームで注目されている発酵食品でもある。

 鯵ケ沢町名物の鶏の串揚げ・チキンボーは、町外のファンも多く、子どもから大人まで幅広い年代層に親しまれている。サクッとした衣にジューシーな鶏肉、それに素朴な塩味が魅力だ。

 13日は、西目屋村のブナッキーや、藤崎町のふじ丸くんとジャン坊くんなど各町村の個性豊かなゆるキャラに、田子町のガーリックレディや南部町のフルーツ娘も加わり、それぞれ地元の魅力をPRする。

 14日には、フェアのテーマソングを歌う青森地域活性化アイドル「GMU」がミニライブで会場を盛り上げる。

 食と健康に関する約30社・団体が出店するフェアには、ほかにも人気商品やグルメが盛りだくさん。フェアは両日とも午前9時半から午後3時まで。詳細はウェブ東奥のフェア専用ページで。
 

【関連リンク】うまい森青いもり