市民らに見守られる中、閉店のあいさつをする土谷社長や従業員=10日午後6時35分、三春屋入り口

 青森県八戸市十三日町の老舗百貨店「三春屋」が10日、営業を終え閉店した。1970年から百貨店として歩み始め、中心街の顔として市内外の人々に愛されてきたが、百貨店を巡る厳しい経営環境や新型コロナウイルス禍の影響もあり、惜しまれながらその歴史に幕を下ろした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。