国際線のチェックインカウンターに並ぶ利用者。路線の維持・拡大には青森県側の渡航者増加が重要とされる=5日午前、青森市の青森空港

 韓国の大韓航空・青森-ソウル(仁川)線の8月の搭乗率が85.8%、9月は77.7%で、同月比で過去最高だったことが10日、分かった。国内全体の訪日外国人旅行(インバウンド)が好調で、青森県を訪れる外国人旅行者も増加していることが大きな要因。今後の路線維持・拡大に向けては、青森県側からの渡航者(アウトバウンド)の一層の増加が鍵を握っている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)