八戸市・市川漁港近くの砂浜で発見された木材チップ

 今月1日、大量に散乱した状態の木材チップが発見された青森県八戸市の市川漁港付近の砂浜で、油が染みこんだとみられる黒ずんだチップが見つかったことが8日、漁業関係者への取材で分かった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から