検討委が最優先で新築するべきとした市体育館=10日、八戸市長根公園

 青森県八戸市体育施設整備検討委員会(会長・長谷川明八戸工業大学長)は10日、市内のスポーツ施設の整備改修の方向性を定める基本方針について、市に提出する意見書の取りまとめ作業に入った。老朽化が進む長根公園内の市体育館を公園内の別の場所に建築することを最優先事項に掲げた。市は検討委の意見を尊重する方針だ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から