下北5市町村で構成する下北圏域定住自立圏は10日、むつ市役所で市町村長会議を開き、2019年度に5市町村が連携した新たな地場産品販路拡大事業を行う方針を確認した。首都圏の事業者に地場産品を売り込む企画を検討しており、10件の商談成立を目標に掲げている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から