キノコ狩りの季節を迎える中、青森県内の4市町では東京電力福島第1原発事故に伴う、野生キノコ(ナラタケを除く)の出荷制限が続いている。制限の解除を国に申請するためには、対象品種の検体を検査し、放射性物質濃度が一般食品の基準値を下回る必要があり、県は申請に向けた手続きを進めている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から