傷病者の搬送手順を確認する参加者ら

 災害時に傷病者を空路などで青森県外搬送するための医療拠点「航空搬送拠点臨時医療施設」(SCU)の設置訓練が9、10の両日、青森市の県消防学校で行われた。県内の医療関係者や自衛隊員、消防隊員ら112人が患者の到着から搬送までの手順を確認した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)