青森県横浜町の養鶏場の肉用鶏が8日、遺伝子検査で高病原性鳥インフルエンザウイルスの陽性となったことを受け、国は同日、同養鶏場の鶏を感染疑いがある疑似患畜と判定した。青森県は同日中に約17万羽の殺処分を開始する。