青森県は8日午後、高病原性鳥インフルエンザの感染疑いがあった横浜町の養鶏場の肉用鶏について、遺伝子検査で陽性を確認した。陽性確定を受け、鳥インフルに関する危機対策本部を設置した。