十和田奥入瀬観光機構の新シンボルマーク

 青森県十和田市や十和田湖、奥入瀬渓流の全域を対象に観光振興と地域活性化を担う同市の観光地域づくり推進法人(DMO)「十和田奥入瀬観光機構」(小野田金司理事長)は1日、シンボルマークを一新した。十和田湖の断面を図案化し、グラフィックデザイナーとして全国で活躍する関本明子さんが手掛けた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から