青森県は8日午前、横浜町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの感染が疑われる鶏が見つかったと発表した。簡易検査で陽性反応を確認した。県は遺伝子検査を進めており、国が同日夕方にも検査結果などを基に高病原性鳥インフルかどうかを判断する見通し。高病原性と確定すれば、県は同養鶏場が飼育する肉用鶏(ブロイラー)約17万羽の殺処分を同日中にも始める。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から