和菓子を食べた後、お茶を味わう児童たち

 十和田ライオンズクラブ(福山新悟会長)は9日、青森県十和田市の松陽小学校(清水目明美校長)で「和キッズ体験プロジェクト」を行った。1~3年生の20人が茶道の作法を学び、日本の伝統文化に触れた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から