夏季ユース五輪第2日は7日、ブエノスアイレスで競技が始まり、フェンシングの女子フルーレ個人で16歳の上野優佳(埼玉・星槎国際高)が決勝でイタリア選手を下し、今大会の日本勢で初の金メダルを獲得した。4月の世界ジュニア・カデ選手権で、カデ(17歳以下)ジュニア(20歳以下)の両部門を制したタイトルに続く快挙。バドミントン男子シングルスの奈良岡功大(浪岡高2年)は1次リーグ初戦でフィジーの選手を2-0で下した。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から