新型コロナのレベル分類などについて述べる三村知事

 三村申吾知事は5日の定例記者会見で、青森県内の新型コロナウイルスの感染状況を表す5段階のレベル分類の指標を見直す考えを明らかにした。感染力が強く感染スピードも速いオミクロン株の特性を踏まえ、高いレベルに移行する際の新規陽性者数などの指標を一部改定する。県有施設の原則休館など、10日で期限を迎える県独自対策終了後の感染防止対策と併せて、6日に開催する危機対策本部会議で決定する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。