Photo:siro46 – Shutterstock

佐渡からの日本酒通信#39

大学生の日本酒離れが指摘されて久しい。学内でのアルコール飲酒が禁止という大学もちらほら存在する時代。日本酒と若者との接点は遠のくばかりで、未来の飲み手を育てる國酒振興はイバラの道だ。

そんな中、今春から新潟大学で始まったある講座が酒業界で話題となっている。日本酒に関わる学問を広範囲かつ体系的に学ぶという『日本酒学(Sakeology)』である。2017年5月に新潟大学、新潟県酒造組合、新潟県による産官学連携協定が締結され、2018年4月に新潟大学日本酒学センターの設置と共に開講された。

若者を惹きつける世界初の学問、『日本酒学~Sakeology』とは?Byron(バイロン)で公開された投稿です。