東京証券取引所の再編で誕生した三つの市場が4日、スタートした。新市場区分は1部銘柄が中心のプライムのほか、中堅企業向けの「スタンダード」と新興企業向けの「グロース」で構成。青森県内企業では、青森銀行とみちのく銀行が1日に設立した共同持ち株会社・プロクレアホールディングス(HD)=青森市=が東証1部からプライムに、サンデー(八戸市)と東北化学薬品(弘前市)がジャスダックからスタンダードに、それぞれ移行した。4日の終値は、取引が成立しなかった東北化学薬品を除く2社が前営業日を上回った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から