縄文遺跡群や是川遺跡について解説した小6向け副読本

 青森県八戸市は、世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」と、同遺跡群の構成資産・是川石器時代遺跡(同市)への関心を高めようと、小学6年生対象の副読本「八戸発見ブック 世界遺産になった!是川石器時代遺跡」を作成した。今月中に市内全42校の新6年生約1800人に配布する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。