2014年に作製した「子ども110番の家マップ」を手に防犯功労団体表彰決定を喜ぶ西方部会の川嶋会長(右)と荒谷前会長

 青森県つがる市と西郡の東奥日報販売店主で組織する東奥会西方部会(川嶋大史会長=木造販売店主)が、安全・安心まちづくり県民大会で防犯功労団体表彰を受けることが決まった。10日の表彰式を前に、店主たちは喜びながらも「地域に密着した活動を継続していく」と気を引き締めていた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から